excel vba ado find 複数 20



Findで複数の条件で検索する方法についてご説明します。 基本的に、Findでは検索語を1つしか指定することはできないので 複数の条件を付与したい場合はコードを工夫する必要があります。 それでは、具体的な方法について確認していきましょう。 OR検索 いくつか方法がありますので効果の大きさと、難易度から優先順位を付けて順番にご説明します。 というのも、処理をものすごく遅くしてしまう記述方法があり、遅くなる書き方をしていないか注意という感じになります。 仮に遅い書き方をしても配列の「... 今回は高速でCSVファイルを読み込む方法をご説明します。 プログラミングの教室比較やプログラマーに特化した求人、RestAPIのSaaS情報サイト【プログラミング教育ナビ】, 【Photoshop入門】自動選択ツールとクイック選択ツールを使用した画像の切り抜き方, これなら誰でも簡単にプログラミングが始められる!HackforPlayの紹介【マップを増やす】. '参照設定:Microsoft ActiveX Data Objects 6.1 Library, "Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source=", "年度 = 2009 AND 月度 = 7 AND 取引先 like '%㈱%'", Condition  ・・・  抽出する条件式を文字列型(String)で指定します。条件式は、”(二重引用符)で囲みます。. Q ExcelVBAからADOで複数のDBへの接続. でも1回の検索が早くてもそれを1万回、10万回と繰り返すと数分、数10分とかかってしまうケースがあります。, また、前提として紹介する検索方法は完全一致の場合に限りますので、部分一致の検索方法等ではご使用できません。, 「Findメソッド」、「配列」、「Dictionary」の3つを使用した検索方法を、それぞれの検索するケースで検証します。, 特に「Dictionary」を使用した検索方法の速さに着目して頂きたいと思います。。, 「Findメソッド」、「配列」、「Dictionary」の詳細については下記記事をご覧ください。, D列には上記A列のデータを含む20万行のデータです。(※含まないデータもあります。), 1回の検索では配列に格納して、配列内で一致した結果を取得するのが1番早かったです。, データ範囲を配列に入れて、単純に上から順番にループで検索して、検索文字列と一致した場合に行数を取得します。, 「Dictionary」自体はそもそも検索するためのオブジェクトではないのですが、少し工夫することで検索することにも使用できます。, サンプルデータをA列に1万行用意しましたが、まずは100個の商品名を検索したいと思います。, 100回検索をした場合は「Find」と「配列」を抜いて「Dictionary」が一番早い結果になりました。, この結果は実は100回を1000回、1万回と増やせば増やすほど「Find」と「配列」はループ回数が増えて処理速度が増え続けます。, それに比べて「Dictionary」は最初にリストを格納してしまえばループ回数は増えません。, データ範囲を配列に入れて、検索ワードを「Findメソッド」で検索した結果を取得する処理を100回繰り返します。, データ範囲を配列に入れて、検索ワードと一致した場合に行数を取得する処理を100回繰り返します。, 1回の検索の時には配列やFindと比較すると、非常に遅く感じましたが100回の検索で配列「5秒」、Find「15秒」を大きく上回り圧倒的に高速という結果になりました。, Findメソッドは時間がかかりすぎるので検証しませんが、100回で15秒ということは1万回では約「1500秒」ということが想定されます。, 取得した行を個別に取得したい場合は「Sub Sample3()」のような処理を加えます。, 「/」で文字区切りをすることで、「/」で結合された文字列を分解して取得する事が可能です。, 今回の検証で「膨大なデータで高速」をいうのは変数を使う方法や、Findを使う方法と大きな違いがあります。, 配列やFindは回数が増えるたびに比例して、指定したデータ範囲を都度ループするため、倍々でループ回数が膨大に増えてしまいます。, 「膨大なデータで超高速」の方法は検索文字列が増えてもループ回数が検索文字列分しか増加しないために、検索文字列が増えてもほとんど変化しませんでした。. Copyright © 2015-2020 いつも隣にITのお仕事 All Rights Reserved. Excel2016から改善されて非常に早くなりました。

ただ、ADOでfindコマンドを使うためには制約事項があるためADOでレコードを検索する場合はfilterプロパティの利用をお勧めします。 ADO レコード セットの Find メソッドには、いくつかの制限があります。 1 つのフィールドを検索にのみ使用できます。 基本的に、Findでは検索語を1つしか指定することはできないので 一つ目の検索条件にヒットした場合はInStrで二つ目の検索ワードが含まれているかチェックし、 photo credit: itmpa Crazy Golf via photopin (license), 引き続き、エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてシリーズでお伝えしています。, Accessデータベースの複数のレコードをまとめて上書き更新する方法についてお伝えしました。, 更新処理については、SQLのUPDATE文を実行するという方法を採用していたのですが、実はこの方法、実行速度が遅いんじゃないの?という懸念があります。, というのも、レコードの追加についてはSQLのINSERT INTO文による方法よりも、ADODBレコードセットオブジェクトのAddNewとUpdateメソッドを使ったほうが圧倒的に実行速度が速かったんですね。, 今回は、エクセルVBAでAccessデータべースの複数のレコードをADODBレコードセットに対するメソッドを使ってまとめて上書き更新する方法についてお伝えしつつ、実行速度について検証をしていきたいと思います。, さて、ではSQLのUPDATE文ではない方法で、Accessデータベースを上書き更新していきましょう。, 今回、ADODBレコードセットオブジェクトを使いますので、1行目と2行目でオブジェクトを生成して準備をしています。, レコードの上書きの場合も、書込みができるようにレコードセットオブジェクトをオープンする必要があります。その箇所が8行目ですね。ここのOpenメソッドについては、以下記事も参考ください。, 検索式は「フィールド名=値」の形式で文字列形式で指定をします。値は、数値、文字列、日付をとることができますが、文字列の場合は値をシングルクォーテーションで、日付の場合は値をパウンドで囲います。したがって、それぞれの検索式は, Findメソッドを実行すると、カレントレコードが検索式と一致したレコードがカレントレコードにセットされます。, ですから13行目~15行目により、カレントコードのそれぞれのフィールドの値が代入され、Updateメソッドをすることで、その内容が確定されます。, レコードセットがID昇順に並んでいる状態で、”ID=1000″を検索した後に、”ID=500″を検索するとどうなるか?, Findメソッドを使う場合は、常に最初の行から検索をするように工夫をする必要があります。, MoveFirstメソッドはその名の通り、レコードセットのカレントレコードを最初のレコードに移動するメソッドです。, 同様に、カレントレコードを移動するMoveLast、MoveNext、MovePreviousというメソッドもありますので、合わせて覚えておくと良いです。, 1分38秒もかかってしまいました。現時点では、SQLの方法のほうが良い、という結論になってしまいます。, 実はこの実行速度の遅さについてはFindメソッド、Updateメソッドが遅いのではなくて、MoveFirstメソッドが悪さをしています。, 感覚的にわかると思いますが、毎回振り出しに戻されて検索しなおしなので、そのほうが時間がかかりそうです。, 例えば、レコードセットのIDも、エクセルシートのIDも、両方ともID昇順に並び替えがされているとどうなりますか?, 次に検索するIDは、必ずカレントレコードよりも後のレコードに存在することになりますから、MoveFirstメソッドが必要なくなります。, では、実際にエクセルシートのほうもIDで昇順並び替えをした上で、MoveFirstメソッドをコメントアウトして実行してみましょう。, たったの1秒です。やっぱりレコード更新の際にもSQL文実行よりもADODBをごにょごにょのほうが速いんですね…!, 以上、エクセルVBAでADODBレコードセットのFindメソッドとUpdateメソッドを使って複数レコードを上書き更新する方法についてお伝えしました。, そしてMoveFirstメソッドさえ使わなければ、SQLのUPDATE文よりも実行速度が速いということを確認しました。, しかしよく考えてみましょう。レコードの更新を、そんなに大量に一気にする必要があるケースってありますか?更新するレコード数がによって, さて、次回ですがレコードの並び方を工夫するということで、SQLのSELECT文でレコードを取り出してくる際に、並び順をソートした状態で取得する方法についてお伝えします。, ノンプログラマーがプログラミングスキルを身に着ける支援ををするコミュニティ。セミナー・もくもく会・Facebookグループのサポートで「自らで学び続ける力をつける」支援、「教え合うことで学びの価値を上げる」場の提供をしています。, エクセルVBAでAccessデータベースの複数のレコードをまとめて上書き更新する方法, エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてのシリーズです。今回はSQLのUPDATE文を使ってAccessデータベースの複数レコードをまとめて上書き更新する方法についてお伝えします。, エクセルVBAでAccessデータベースに複数のレコードを追加する方法とその実行速度について, エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてお伝えしています。今回はエクセルVBAでAccessデータベースに複数のレコードを追加する方法とその実行速度についてお伝えします。, エクセルVBAの実行速度が遅い・重いって時ありませんか?そんな時にエクセルVBAのプログラムの処理速度を速くするテクニックを紹介します。プログラムの実行時間を測定する方法も合わせてお伝えします。, 【エクセルVBAでAccess連携】データベースのテーブルにレコードを追加するシンプルな方法, エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてシリーズでお伝えしています。今回はデータベースにレコードを追加するAddNewメソッドを使ったシンプルな方法についてお伝えします。, エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてお伝えしています。今回はSQLのSELECT文で取得したデータの順番についての検証、並び替えて取得するORDER BY句の使い方についてです。, エクセルVBAのFunctionプロシージャの概要と、それを活用した祝日判定関数の作成方法をお伝えします。エクセルVBAには祝日を判定する関数が標準で用意されていないので自作する必要があります。, エクセルVBAを使ってバラバラの経費精算書のデータを集約するシリーズです。今回は、For Each~Next文でフォルダ内の複数のワークブックの全てを順番に参照して処理していく方法についてお伝えします。, エクセルのWorksheet.Changeイベントと、Intersectメソッドを組み合わせて、特定の範囲内にあるセルの値が変更されたときのみ、イベント内の処理を実行させる方法をご紹介しています。Intersectメソッドは、イベントと組み合わせる以外にも便利に使うことができますよ。, エクセルの条件付き書式をマスターするシリーズ。第二回目は「セルの強調表示」で用意されているさまざまな条件を使いこなす方法と、「書式」を自由に設定する方法を紹介しています。, エクセルVBAでCSVを取り込む方法です。今回は、Splitという命令と配列を使ってCSVのレコードをカンマで区切ってワークシートに転記をしていく方法について解説をしていきます。, エクセルVBAではPDF形式での出力もできます。今回は、初心者向けエクセルVBAでPDFを出力する最も簡単なプログラムと、PDF出力の際にシート1ページに収めて出力する方法についてお伝えしていきます。, Googleフォームの送信があったときにイベントの予定をGoogleカレンダーに入れる, 当ブログを「応援したい!」「役に立ったよ!」というお気持ちを、コチラからお支払いただくことができます。, マネーフォワードクラウド請求書の請求書一覧の全件をスプレッドシートに書き出すスクリプト, GASでマネーフォワードクラウド請求書の請求書一覧をスプレッドシートに書き出す方法.

ADODBレコードセットオブジェクトのFindとUpdateメソッドでレコード更新, 【エクセルVBA&Access連携】SQL文でデータを抽出する最も簡単なプログラム, 【エクセルVBAでAccess連携】SQLのSELECT,FROM,WHEREによる様々なデータ抽出方法, 【エクセルVBAでAccess連携】SQLのJOINを使って複数のテーブルを組み合わせてデータを取り出す, 【エクセルVBAでAccess連携】データベースに特定条件のデータが存在するかどうかを判定する, エクセルVBAからAccessデータベースのレコードを呼び出して修正して上書き更新する方法, エクセルVBAでAccessデータベースの複数のレコードを上書き更新する場合の実行速度について, エクセルVBAでAccessデータをグループで集計して抽出するGROUP BY句と集計関数の使い方, エクセルVBAでAccessデータを集合関数による条件で抽出するHAVING句の使い方, エクセルVBAでAccessデータベースからFormat関数によるSQL文で特定の日付で抽出, 詳解! 複数の条件式でレコードを検索して抽出する方法複数のフィールドによる条件式でレコードを検索するには、Recordset【レコードセット】オブジェクトのFilter【フィルター】プロパティを使用します。Recordset.Filter【レコー
理由はVBAはセルへのインプットとアウトプットが非常に遅いため、コピーペーストも同様にインプットアウトプット... Excel VBA 複数のファイルのデータを1つのファイルの1シートにまとめる方法. 難しいことを知らないがゆえに内容も難しくないと思います。. FindNextで二つの検索条件に合致するセルが見つかるまで検索を続行しています。

喪服 イオン しまむら 5, Ipad Air3 Codモバイル 20, ディズニー 転売 入れなかった 5, Davinci Resolve サウンドライブラリ 14, 英検1級 2次 不合格 9, ギルティ 最終回 いつ 9, ビエラ Google Home 5, ミヤbm細粒 赤ちゃん 飲ませ方 6, 足の甲 痛み 緩和 5, 運動 後 足 太くなる 22, 犬 人 足 舐める 12, ブラジリアンワックス メンズ おしり 17, マリオカート アプリ ウデマエ 上げ方 7, Css Blur ふち 7, 英検1級 2次 不合格 9, スバル 燃費 インプレッサ 5, Intel Nuc Wol Bios 4, 清水建設 Cm ぱく 5, Mhw コントローラー Pc 5, Softbank Iphone用sim Android 4, 夏みかん 棒 寒天 6, ポルシェ 993 エンジンオイル 7, イオン コミュニティ社員 C1 39, ジムニー Jb74 5ドア 4, Kiss M 電子シャッター 5, 981 ボクスター オイル交換方法 7, 黒い砂漠 馬 場所 4,

/** */