030 意味 ネトゲ 12

大半のゲームでは攻撃された場合、数十秒~数分間の反撃時間が設けられ、その間に撃退出来た場合は正当防衛としてPKが成立しない場合があるが、あえてその時間を逃げ切る、もしくはシステムの穴を付いて相手にPKフラグを背負わせてPKKを行い、装備やアイテムの強奪を目論むプレイヤーも存在する。, 都合のいいダンジョンやフィールド(「狩場」)を自分たちのグループで占有するためのPKもある。同様に旨味のあるレアなアイテムを落とすボスモンスターを自分たちのグループで囲い込むためのPKもある。, BOTがゲームで禁止行為とされている場合、BOTの狩場を確保すると同時に第三者にその使用を見せない(GMコールなど運営会社への通報をさせない)為に、BOTを活動させている狩場に近づく者を片端からPKするという者もいる。また、ゲームの中でPKギルド、PK血盟などと呼ばれるPKプレイヤーの集団が、この様なBOTプレイヤーやRMTなどのゲームによっては違反とされる行為を行う者たちと密接に結びつき、活動資金の供給やキャラクターの育成を行ってもらうのと引き換えに、いわゆる用心棒役などを務めているケースも見られる。, 大航海時代Onlineなどの一部タイトルでは、PKを繰り返すことで悪名を上昇させ、一定値以上の悪名でないと受注出来ないクエストや入港できない港が存在したりとPK自体が完全にゲームシステムに組み込まれている。[7][8], その他、ゲームをプレイするためのアカウントの不正アクセス(クラッキング・ハッキング)が発生しているタイトルでは、これとプレイヤーキラーが密接に結びつく場合があり、主にRMT目的による高価値のアイテム・装備類の奪取を狙うクラッカーが、不正アクセスに成功し乗っ取った他者のキャラクターでPK行為を繰り広げることが見られる。特にPK行為にパラメータ的なペナルティが累積的に課されるタイトルでは、装備やアイテムを奪われた上に過重なPKペナルティを抱え込まされた結果として、(キャラクターデータのクラッキング被害以前の状態への復元など運営会社による特別の処置が無ければ)クラッキング被害者の再起が事実上不可能になる状況があるためである。またこの場合、クラッキング被害者をPKの加害者に仕立て上げることで他のプレイヤーから孤立させ、精神的ショックをさらに増大させることで抵抗する意欲を奪ってゲームからの「引退」(アカウントの放棄)に追い込み、運営会社や警察による調査の手が自らへと及びにくくすることも、クラッカーにとっては目的の1つである。, 自分の所属するグループと何らかの理由で敵対するグループやプレイヤーに対するPKも見られる。口喧嘩や誹謗中傷が原因だったりアイテムの分配など些細なことが原因となる場合も多い。, 一方で単に低レベル、あるいはPvPに不向きなジョブのプレイヤーを狙ってPKすることで力を誇示しようとするPKもいる。PKKがゲーム内に存在する場合、この様な者たちは「初心者狩り」を行うPKと同様に最優先の攻撃対象とされることが多い。, また、外国人プレイヤーを見かけるとPKをする[9]、相手キャラクターの名前や英語以外の言語でチャット等をしているのを見て、相手プレイヤーが特定の民族や人種であると判断した場合には、PKをするなどの民族の問題、人種の問題が理由として絡んでくる物も存在し、所謂人種差別に繋がりかねない事をする者も見られる。, 数多くのオンラインゲームで横行しているリアルマネートレーディングの原因は海外から接続するユーザーであると考えるプレイヤーは、それらしきプレイヤーを見かけるとPKを仕掛けることがある。また、ボットと呼ばれる自動操作を使っていたり、他のプレイヤーへの迷惑行為(PKも含む)を行っていると判断しPKを仕掛けることもある。, マナー・規約に沿った行動が正しいのでありそれに反するものは制裁を加えてかまわないというイデオロギーを持つプレイヤーに多い。そのゲーム内世界全体の流れでそうなった場合、平等原則に反する形でPKを容認するプレイヤーも増加してゆく[10]。そのイデオロギーに反した独自の行動をするマナーあるプレイヤーも制裁対象としてPKされる場合もある。, また、BOTプレイヤーなどゲーム内における不正行為者に対する私的制裁としてのPKは、運営会社やゲームマスター職(GM)によるBOTへの対処がゆるいゲームほどプレイヤー間のコミュニティで受け入れられやすく、実際に盛んに行われる傾向がある。[要出典], システムによる自動操縦のノンプレイヤーキャラクター (NPC) であるモンスターの行動アルゴリズムを利用したPKで、Monster Player Killer(killing)の略称である。モンスターを利用し他のプレイヤーキャラクター(PC)を間接的に攻撃することを指す。, 多くの場合、システム的に他のプレイヤーを直接攻撃することができないMMORPGにおいて、無理矢理相手を殺す方法として行われるPKである。, 具体的には、いくつかの方法がある。強力なモンスターや量的に対処できない程のモンスターがいる場所まで誘導し圧倒的戦力差で死亡を免れない状況に仕向けたり、またはプレイヤーキャラクターを見ると追って来るタイプのモンスターを、標的となるPCの力では対処できないほど多数引き連れて来て、標的のPCの近くでわざと死亡する、あるいはスキルで離脱や死んだフリをするなどして、残された大量のモンスターにそのPCを襲わせたり、さらにはモンスターを召喚するアイテムや特殊技能をPCの近くで大量に使うことで同様の結果をもたらす、モンスターに自ターゲットマーカーを設置して他者が攻撃できない状況を作り出してから索敵エリアから離脱し、ターゲットが他者に移るまでモンスターが自分以外の他者を一方的に攻撃する状況を作る、などの行為が見られる。これらはモンスターが列車のように一列になっている事が多いことから通称「トレイン」と呼ばれる事もある[11][12]。, ただし、意図せずに上記と同様の状況になってしまった場合、たとえばプレイヤーAがモンスターからの敗走中に死亡し、残されたモンスターがアルゴリズムのままにたまたまその場に居合わせた無関係なプレイヤーBを襲って殺害する結果になったとしても、それは単なる事故でありプレイヤーBが死亡ペナルティを伴う被害を受けたことは事実であってもプレイヤーAはMPKとはいわない。, とはいえ、トレイン行為自体が害意のあった行為なのか、事故的な要素なのか、他者のMPKの被害者なのか、気づかずにやってしまった行為なのか、はたまた気付かなかったふりをしているだけなのかがわからないため、プレイヤー間の言い争いや報復のPK・MPKに発展する場合もある。MPKが禁止されているオンラインゲームでは運営側が作為的に行ったと判断した場合にペナルティを科す場合もある。, もうひとつの目的として、自分の手を汚さずに相手を殺す方法としてMPKが行われる。PKが容認されている仕様のオンラインゲームにおいても、通常のPKを行ったキャラクターはシステム上犯罪者とされPKペナルティとしてゲーム内の行動にいくつかの制約が発生する場合があるが、MPKは直接相手を殺害するわけではないので犯罪者とはならず、PKカウント(何人殺すと犯罪者となるかなどの累積値)が存在するゲームであっても、そのカウントは加算されず、リスクなく相手を殺害できるメリットがある。, 他方で、PKの横行を防ぐため、あるいはPvP促進のためにPKによる死亡ではアイテムドロップ等のペナルティが発生しない仕様になっているゲームでは、自らの手で殺しても相手のアイテムを奪うことができないため、間接的に相手を殺すことでアイテムドロップを狙うMPKが横行する事も珍しくはない。, 変種として自身の指揮下にあるNPCに命じて、他のプレイヤーキャラクターを殺すMPKの方法もある。システム上、結果的にPKではなくMPKと認知される。, 以上のことから、たとえ不意打ちであっても相手と実力で直接対決したうえでPKを果たし、犯罪者になることもいとわないという、PKを美学とするプレイヤー達からさえも、「安易で低リスクなMPKは卑劣な行為」として嫌われることがある。, Flag Player Killer (Killing)の略称である。フラグ(Flag)とはそのプレイヤーの状態を表す印のような概念で、ゲームシステムによっては「他のプレイヤーを攻撃ないしPKしたために“PvP(Player vs Player)モード”や“PKモード”のフラグが立っているプレイヤーに対しては、PKをしても自身には“PKモード”のフラグが立たずパラメータ的なペナルティも発生しない」というルールが存在することもある。蔑称として、PKK(Player killer killer)と呼ばれることもある。, これを逆手に取って、自分から手出しをして“PKモード”のフラグを立てないように、例えば仲間の一人がモンスターに化け、それを人間と知らずに殺してしまい意図せず“PKモード”に陥ったプレイヤーを殺すなど、何らかの方法で相手を罠にはめてPvP状態・PK状態に仕立て上げ、大義名分を利用してその相手を殺すPKをFPKという。その他の手口としてプレイヤーがゲームから離席している際に攻撃を仕掛け、自動反撃スキルなどに対して意図的に自らの回復行為を行わず、システムより攻撃された側の反撃時間とされる「正当防衛」の保護一定時間を耐え、待機時間が終了した時にタイミングを併せ、わざとその反撃で死亡することにより相手にPKフラグを負わせることができる。これを繰り返してPKランクを上昇させ、ステータスの低下やその後のPKKによるアイテムの強奪を目論む手口が存在する。これらの手法からCPK (Counter PK)ともいう。, 多くの場合卑劣な方法として嫌われ、ゲームシステムによっては禁じられている場合もある。, 犬(Dog)など、プレイヤーに同行させられるペットキャラクターを殺す行為で、Dog Killer(Killing)の略。自身に同行させられるNPCを使用できるMMORPGで見られる。ペットの種類で名称は変わるため、タイトルによっては同種の意味の言葉でもプレイヤー間で用いられる略称が異なる場合がある。, システム上PKを許容しているMMORPGでは、何らかの形でのステータス・表示の変化と、それに伴う様々な代償(ペナルティ)を負わされることと引き換えにPKを行うことが可能な仕様となっている。, この代償の程度については、ゲームの基本設計や思想、PKがゲームプレイに及ぼす影響の大きさなどによって決まってくるが、その軽重はタイトル毎に少なからぬ差異が見られる。ただし、多くは「贖罪」などという名目のペナルティ消却の為のクエストが用意されており、PKを行ったプレイヤーも多少の時間と手間を要して通常の状態に戻すことが可能であり、一度きりのPKでプレイヤーが通常のプレイに復帰できなくなる程の重いペナルティが課されることはほとんど無い[13]。一方で、上述した様にPKのペナルティが累積的に蓄積される仕様の場合には、重いペナルティを抱えたプレイヤーはクエスト消化に膨大な時間と手間を要しペナルティの全消却が事実上不可能となる場合がある。対照的に、PK状態のフラグが立った後に一定時間ログインすることのみで比較的簡単にペナルティが消却されるタイトルもある[14]。, 逆にPKをシステム的に認めていない設計のMMORPGでは、基本的にはPKを行うことができないシステムとなっており、MPKなどの手段でPKが行われることになるが、この場合、PKという行為の発生を前提としないシステムであるゆえに、一次的にステータス面でPKの代償を負わされる事も少ない。ただし、PKをシステム的に認めていない以上、ゲームシステムを悪用したプレイヤーの問題行動などとして運営規約で禁止しているものに該当し、この場合はPK被害を受けたプレイヤーからの申告を受ける形で運営会社所属のゲームマスター職からPK・MPKを引き起こしたプレイヤーに対してメールやチャットなどを介して警告が行われ、それ以後も同様の行為を繰り返す場合には運営規約の違反を理由にキャラクター停止やアカウント凍結などの厳しい制裁が課されることとなる。, ただし、月額課金制であれアイテム課金制であれ、MMORPGとその運営会社は基本的にプレイヤーからの課金を得ることによって経営を成り立たせている。その為、システム上PK行為を容認しており、プレイヤー間のトラブルには不介入という原則を敷いているMMORPGの大半でも、執拗・粘着的あるいは大規模であったり組織的なPK行為や嫌がらせなどを多重に繰り返し、その結果として被害を受けた側の多くのプレイヤーが休止したり課金アイテムの購入をやめてしまう、さらにはアカウントを削除してゲームを離れてしまうなど、他のプレイヤーをゲームから追い出したり課金を打ち切らせてしまう様な行為までもが無際限に肯定されているわけではない。運営会社側でもその様な悪質・大規模・執拗なPKを繰り返すプレイヤーがゲーム運営上の障害となる事態は多分に想定しており、ゲームプレイ規約[15]の禁止項目に「他者のゲームプレイ・円滑なゲーム運営を著しく阻害する悪質な行為」「ゲームの世界観・イメージを著しく毀損しかねない悪質なマナー違反」「運営会社・運営チームへの重大な妨害行為」などという主旨の一文を含ませておき、包括的に規約違反行為として対処できる様にしているのが一般的である。これに基づいて、運営会社の警告を無視して悪質な行為を繰り返しているプレイヤーに対しては運営会社・運営チームが重いペナルティを課したり、あるいは直接にアカウント永久凍結処分を行いゲーム世界から排除することになる[16]。, ゲームシステムの根幹部に勢力間抗争や戦争の構図が常時存在するタイトルでは、敵対勢力に所属するプレイヤーに対する攻撃・殺害はPKではなくシステム上設定されているPvPシステム内での戦闘の範疇であり、この場合にはプレイヤーに制裁が課されることはない。また、ギルド対抗戦・チャンピオン決定戦の様なPvPイベントが存在する場合、当該イベント開催中の「戦場」も同様である。この場合、敵対勢力については積極的に倒すことでむしろポイントが付与されるシステムであることも多い。, プレイヤー同士のPvP促進が目的で投入されている特殊なアイテムが存在するタイトルでは、そのアイテムを装備している(あるいは強制的に装備させられている)間に限って、全てPvP扱いとしてPK・被PKにまつわるペナルティが一切課されないことがある。, 対戦型ゲームでは、敵対する組織に属するプレイヤーへの攻撃はゲーム本来の目的であり、PKという呼び方はされない。ここではチーム対戦型のゲームで味方を攻撃する行為について記す。, FPSで味方を攻撃する行為は故意・過失を問わずフレンドリーファイア (Friendly Fire, FF) と呼び、殺してしまうことを特にTK (Team Kill, Teammate Kill) と呼ぶ(一人称視点であるFPSにおいては、不意の遭遇戦も多くたとえベテランであっても出会い頭に脊髄反射の如く敵か味方の判別をつける前に相手を射殺してしまうこともよくある)。味方を撃ってもダメージを与えないようサーバを設定することもできるのが普通だが、一般的には使用されていない。悪質なTkerには退場処分(キック)などで対応する。一部のゲームでは故意に味方の射線に入るなどして相手をTKerに仕立て上げる者もいる。, 『Gunz』などFPSではないオンラインゲームでもTKは見られる。仕様で自チームには攻撃があたらないようになっているが、例外の手榴弾等やフィールド外の谷底などに突き落としてTKを行う。

Excel 最終行 取得 関数 10, スガシカオ 作曲 方法 6, Zeelec Sh4 取扱説明書 8, Pcx エンジン 交換 費用 28, 市原 ケーブルテレビ 4k 4, マイクラ 矢 連射装置 21, Aterm Wg1200cr 繋がらない 8, 病む : なんj 10, Pubg 敵の位置 チート 6, 喪服 イオン しまむら 5, アルト ターボrs オイル交換 7, ガラスザムライ Iphone Se 8, ドレス ビジュー 付け方 5, P30 Lite ロック画面 通知 5, Bts Twishort 事故 12, 側弯症 名医 静岡 7, Omiai メッセージ Url 8, Ff14 新式 450 6, 西松屋 クーハン 口コミ 5, 俯瞰 ポーズ フリー 5, 都道府県 打線組んだ なんj 12, ボーダー ランズ 3 ネームド 4, 二日酔い 頭痛薬 カロナール 4, アイ アム サム Netflix 9, 連立 方程式 5つ 4, ガーミン Line 返信 Iphone 8, 季語が なく 定型にとらわれ ない俳句 5, 田中 将 大 評価 なんj 17, Skyrim Se Mod 照準 41, 名探偵コナン 紺青の拳 動画 フル 7, 大胸筋 下部 筋トレ 10, I7 4790 現役 13, アルト Ha24s ホイール 5, Iphone 画面録画 容量減らす 13, Jzx110 Mt 載せ 替え 費用 7, 981 ボクスター オイル交換方法 7, ドラクエ10 仲間モンスター スライムナイト 4, トヨタ 顧問 弁護士 7, ブライワックス の上から 蜜蝋 5, Shoei X14 ネイキッド 4, :田淵 パワコン エラーコード 4, Ffmpeg X264 Zerolatency 7, Canon Eos Kiss X9 広角レンズ 4, まめ きち まめ こ ガチャガチャ 店舗 6, ハーツ オブ アイアン4 日本 27, 本田翼 デッドバイデイライト アカウント名 17, ゼンリー 正確度 低め やり方 8, 中2 数学 図形 問題 4, キーエンス Plc 時間計測 9, アニマ ウェポン 全段階 5, Au Pay 電話番号変更 12, ラベンダー 待ち受け 効果 4, Apex エイム練習 ソフト 8, Otto Diy V2 24, Youtube Music 歌詞を表示できません 13, 光 目覚まし時計 充電式 5, Install Alpine Linux 9, 防音室 自作 ドラム 5, 油 瓶 捨て方 6, 工事 紹介料 契約書 18, エレクトーン リズム 自作 5, コンビニ 保険 ファミマ 5, プジョー アドブルー 警告灯 10, Kindle Paperwhite クラウド 8, ヤグ レーザー 麻酔無し 16, ボルボ Xc40 ステッカー 7, ザ キング 永遠の君主 感想 5, 010k 002 窓 6, Suqqu 夏 2020 4, 2tg コンプリート エンジン 7, マキタ 掃除機 フィルター 交換時期 20, Ps4 ウル4 Ps3 アケコン 6, ポケモン クララ リーグカード 20, プラド 285 70r17 ディーラー 5, 横顔 平ら 治す 21, Smash Tier List Maker 28, 光 フルオート イオ 8, Pc 電源 ジリジリ 21,

/** */