巨人 ソフトバンク 日本シリーズ なんj 4

2戦目はまだしもいよいよ巨人の日本シリーズが一桁の時代なのか ; 6. (中略)ブラックと言えばラグビーのニュージーランド代表、オールブラックスが象徴的。ラグビーを愛する原監督の意向も加味された。指揮官は常々「チームとして戦う。みんなで戦っている。誰一人として欠けてはいけない。我々は全員で戦っている」と口にしてきた。昨季は4年ぶりのリーグ優勝を果たすも、日本シリーズでソフトバンクの前に屈辱の4連敗を喫した。悲願の日本一へ、足並みをそろえる。, 2、3番コンビが共にシリーズ1安打しかできず打率.077。特に丸は前年の日本シリーズでも打率.160、出塁率.185と大不振に陥り2年連続でチームに貢献できなかった。, ニュージーランド出身のラグビー日本代表、リーチ・マイケルの捩り。3戦でリーチ、4戦で負けた事から。, 全体ワースト記録は2007年日本ハムの22安打.147(5試合)。なお最少安打記録タイ記録22も記録している。, https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/202001010000409.html, 1960年の時とは逆にこちらは全試合得点差4点以上。2020年現在の両監督が現役で出場。, 巨人は2020年2月からランニングシューズを黒に統一することが発表され、「オールブラックス」は. 5点取れば逆転できる点差であることから、ラグビーのプレーで1度に5点入るトライと掛けて「トライ狙ってる」とネタにされた。, リーグ連覇と日本一奪回を目指す巨人が、足元まで統率をとる。 2019年の日本シリーズ(2019ねんのにっぽんシリーズ、2019ねんのにほんシリーズ)は、2019年(令和元年)10月19日から10月23日まで開催された読売ジャイアンツ(以下、巨人)と福岡ソフトバンクホークス(以下、ソフトバンク)による第70回日本選手権シリーズ(70th Nippon Series)である。, 巨人は5年ぶりにセ・リーグを制して、クライマックスシリーズでも勝ち上がり、2013年以来6年ぶりの日本シリーズ出場となる。, ソフトバンクは、前年に続いて、クライマックスシリーズでパ・リーグ優勝の埼玉西武ライオンズを破り、2年連続でリーグ2位からの日本シリーズ出場となり、2017年から3年連続の日本シリーズ出場となる。リーグ優勝ではないチームの日本シリーズ出場は2017年の横浜DeNAベイスターズ(2017年クライマックス・セでリーグ3位から2位・阪神と1位・広島に勝利して日本シリーズに進出)以来3年連続となる。, この両者の対戦は、2005年にホークスの親会社がソフトバンクとなって以降では初となるが、ソフトバンクの前身球団である南海・ダイエー時代を含めると11回目で、巨人のV9時代を支えた王貞治・長嶋茂雄両監督(当時)の「ON対決」として注目された2000年・巨人VSダイエー(当時)以来19年ぶり[1]。2019年時点で日本シリーズの対戦カードとしては最多の対戦回数となる。王・長嶋の両者は現場からは退いているものの、王はソフトバンクの球団会長、長嶋は読売巨人軍終身名誉監督としてそれぞれ球団には身を置いているため、陰ながらも「ON対決」となった[2][3]。, 全試合ドーム球場で開催の日本シリーズは、2012年の巨人対日本ハム以来7年ぶりとなる。また、巨人が出場することにより、2015年のヤクルト対ソフトバンク以来4年ぶりに東京都で開催されるシリーズとなった。, 最終的には、ソフトバンクが巨人に4試合全勝(いわゆるスウィ―プ勝ち)で、3年連続10回目の日本シリーズ優勝(日本一)に輝いた。4連勝での日本一は、2005年にロッテが阪神に4連勝して以来14年ぶり6回目、引き分け込みの無敗優勝は8回目。レギュラーシーズン2位以下のチームによる2年連続日本一は史上初のケースとなった。, これでソフトバンクは2014年以降の直近の6年間で5回の日本一に輝くことになった。ホークスとしては南海時代の1959年に4連勝で巨人に勝利して以来、今大会で60年ぶりに日本シリーズでの巨人への勝利になった。また60年前と同様、4試合全勝、かつ日本一決定は敵地球場(当時は、後楽園球場)となった。, またソフトバンクはすでに2018年の広島戦に出場し優勝した事で、日本シリーズでセ・リーグ6球団全てと対戦し、前身の南海時代を含め、既存セ・リーグ6チームから日本一を奪っていた。今回の優勝で、1989年の福岡移転後・2005年のソフトバンクへの親会社変更後に限ってもセ・リーグ6チームを相手に日本一を達成することとなった。これは、パ・リーグ球団史上初の快挙である。, さらに、2018年の日本シリーズ第3戦から続く日本シリーズにおける連勝を8に伸ばし、西武、巨人、ロッテに並ぶ日本シリーズタイ記録となる。2シーズンのみでの8連勝は、1975年から1976年にかけ阪急ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)が達成した7連勝(2引分を含む)を越え日本シリーズ新記録となった。, 一方、敗れた巨人は1990年の西武ライオンズ(当時)戦以来29年ぶり、昭和・平成・令和の三元号でそれぞれ1度ずつ3度の4連敗を喫した。, 原、工藤の両監督は、ともに1990年の日本シリーズに巨人・西武の選手としてそれぞれ出場しており、原は、1990年の監督だった藤田元司に次いで、選手と監督両方で日本シリーズ4連敗を味わうこととなった。また、日本シリーズ出場監督でストレートの4連勝・4連敗の両方を経験したのは原が史上初である。一方の工藤は選手・監督の両方でストレート4連勝を経験した初の監督となった。, また、今大会でのソフトバンクの勝利により、日本シリーズにおけるセントラル・リーグ代表チームとパシフィック・リーグ代表チームの勝利数が35で並んだ。1959年にソフトバンクの前身・南海が巨人を破り優勝した時点でセ・パがそれぞれ5勝で並んだ後、1960年の日本シリーズで大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)が大毎オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)を破り日本一となって以降、59年にわたりセ・リーグが優勢であり、2002年の日本シリーズで巨人が西武を破った時点でセ・リーグ32勝パ・リーグ21勝となり、両リーグの勝利数の差が史上最大の11まで広がったが、その後17年間でパ・リーグが14回優勝、特に2013年の日本シリーズで東北楽天が巨人を破って以降7年連続でパ・リーグが制したことにより、60年ぶりにパ・リーグが勝利数で並ぶこととなった。, さらに、勝利試合数も、本シリーズ前の時点では、セ・リーグ202勝パ・リーグ201勝でセ・リーグ優勢だったが、ソフトバンクが初戦から連勝したことで第2戦終了時点で203勝と逆転し、こちらは1963年の日本シリーズ第1戦で西鉄(現・埼玉西武ライオンズ)が巨人に勝利した時点でパ・リーグが38勝37敗3引分で勝ち越して以来56年ぶりにパ・リーグの勝利数がセ・リーグを上回る形となった。最終的にソフトバンクが4勝0敗でシリーズを終えたことでパ・リーグの205勝202敗8引分となり、1959年、南海の4連勝によりパ・リーグが31勝27敗2引分として以来最大の勝ち越しを記録した。一方セ・リーグは、1974年の日本シリーズ第1戦で中日がロッテに勝利した時点で81勝57敗3引分と勝利数が史上最大の24上回り、2002年の日本シリーズで巨人が西武に4連勝した時点でも165勝144敗6引分と21上回っていたが、2003年以降の17回でパ・リーグ61勝に対しセ・リーグ37勝となったことで逆転される形となった。, また、第1戦・第2戦はパ・リーグ本拠地の試合で、いずれもソフトバンクが勝利した事で、2013年第7戦の楽天の勝利から続く、パ・リーグ出場チームの本拠地連勝記録を17に伸ばした。ソフトバンク単独としても、2011年第7戦・対中日ドラゴンズの勝利から続く、本拠地連勝記録を14に伸ばした[4]。, さらに、第1戦から第4戦まで全てドーム球場での試合で、4戦ともソフトバンクが勝利した事で、2013年第5戦(東京ドーム)の楽天の勝利から続く、パ・リーグ出場チームのドーム球場[5]連勝記録を19に伸ばした。, なお、2014年から引き続き6年連続で、NPBパートナーのSMBCグループ(三井住友銀行、三井住友ファイナンス&リース 、SMBC信託銀行、三井住友カード、SMBC日興証券、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、SMBCモビット、セディナ、日本総合研究所、三井住友DSアセットマネジメント)を冠スポンサーに迎え『SMBC日本シリーズ2019』として開催される[6]。SMBCグループが日本シリーズの冠スポンサーになってからの巨人の出場は初めてのこととなる[注 1]。また、NPBは同年10月に発生した令和元年東日本台風での被災者支援を目的として、今大会の入場料ならびに公式グッズの売上金の一部を、大会後に台風19号における水害の被害を受けた被災地に、義援金として進呈することを発表している[7]。, なお、この日本シリーズ終了をもって巨人の阿部慎之助が現役を引退した。第4戦の試合終了後、右翼席スタンド側及び本塁ベース付近にてそれぞれ10回の胴上げが行われた(後者についてはソフトバンク側の申し出で実現し、ソフトバンクのキャプテン・内川聖一が音頭を取った)[8][9]。なお、一部では、このソフトバンク側の行動について当時同時期に日本で開催されていたラグビーワールドカップ2019になぞらえてノーサイドと称された[10][11]。また、スコット・マシソンも引退の意向を表明した[12][13]。, 先発投手はソフトバンクが千賀滉大、巨人が山口俊と両チーム共に今季のレギュラーシーズンの最多奪三振に輝いたエース級同士の対決になった[14]。, 先制点は巨人。2回表1死走者なしから5番・指名打者でスタメン出場の阿部慎之助が、千賀の152kmの外角高めに甘く入ったストレートをフルスイングしてライナー性の弾道を描いて右中間スタンドにソロ本塁打を放つ[14][15][16][17][18]。2回裏、ソフトバンクは1死二塁から、ジュリスベル・グラシアルが山口俊の146kmの内角高めのストレートを、右ひじを畳んで捌いて、左翼テラス席への2点本塁打を放ちすぐさま逆転[14][15][19]。3回表、2つの四球と暴投が絡んで2死一、三塁になった場面で、巨人の4番打者である岡本和真を迎えるが、千賀が内角をえぐる156kmのストレートで遊ゴロに打ち取る[14][20]。6回裏に2つの四死球が絡んで1死満塁の場面になり、中村晃が中堅への犠飛を放ってソフトバンクが1点を追加したが、この時点ではソフトバンクが3対1とリードしていたとはいえ、僅差のロースコアで試合が進んでいた[14][15]。, 試合が大きく動いたのは7回の攻防。7回表、巨人は失策絡みで2死二、三塁と一打で同点の場面をつくり、代打に重信慎之介を起用するが、膝元のカットボールを見逃して三振に終わる[15]。7回裏、巨人は、山口俊からスコット・マシソンへと継投したが、先頭打者の松田宣浩が左翼に二塁打を放つと、松田宣の代走に周東佑京を起用する。次打者の内川の送りバントは投手正面であったが、周東の快足が生きてバント成功、1死三塁とする[21][22][23][24]。ここでソフトバンクは長谷川勇也を代打で起用、巨人は左腕投手である田口麗斗に継投する。するとソフトバンクは代打の代打として川島慶三を起用。川島は冷静に田口の低めのボールを見極めて四球を選んで1死一、三塁の局面をつくる[14][22][23][24]。次打者の牧原大成の場面で、ソフトバンクは初球に偽装スクイズのサイン[14][22][23][24]。これに牧原が応えてわざとバントを空振り、スクイズと判断した捕手の炭谷銀仁朗が三塁走者・周東の動きをけん制している間に、一塁走者・川島が二塁への盗塁に成功で1死二、三塁とする[14][22][23][24]。牧原は2球目に田口の真ん中低めのスライダーをうまくすくい上げ中前への2点適時打とする[14][22][23][24]。その後、今宮健太も安打でつないで1死一、三塁の場面で打席には柳田悠岐。柳田は走者一掃の2点適時打を右前に放ち、この回は4点を挙げ試合を決定付けた[14][15][25]。その後、ソフトバンクは8回表に甲斐野央、9回表に森唯斗と継投する。巨人は9回表、1死から大城卓三が森のナックルカーブを捉えて右翼テラス席にソロ本塁打を放って意地を見せる[14][26]。, 最終的にはソフトバンクが7対2で快勝し、1勝0敗にした[14][15]。敗れた巨人は山口が1発に泣き、リリーフ陣も踏ん張り切れなかった。, 週刊ベースボールはソフトバンクの7回裏の攻撃について「試合を決定付けた見事な攻撃」と評価[14]。7回1失点と好投したソフトバンクの先発の千賀については「4回表以降に高い修正力を示した」[20]、6回3失点でまとめた巨人の先発の山口俊については「冷静な投球を示したが、2回裏にグラシアルに2点本塁打を浴びたときの甘く入ったストレートは、慎重さを欠いた悔やまれる1球になった」[27]、2回表に先制本塁打を放った阿部については「引退撤回を表明しても文句のない打撃」[16]とそれぞれ分析している。朝日新聞は、7回表の「2死二、三塁」の場面で千賀が重信に対して「ピンチに動じない投球」ができたことが勝負を分けたと評価[15]した一方で、山口俊が6回裏に中村晃の中犠飛で喫した1失点について「悔やまれる失点になった」[15]とそれぞれ分析している。, ロッテ監督の井口資仁は千賀が丸佳浩に対してカットボールを使った内角攻めの投球をしたことを評価している[28]。2回裏のグラシアルの本塁打は、「センター中心に着実に打ち返してくる打者なので、山口俊の紙一重の制球ミスを逃さずに本塁打にできた」と分析[29]。そして、7回裏の無死2塁から、内川の投手正面へのバントの際に三塁への進塁に成功したことが「試合の流れを決めた」と分析している[21]。, 梨田昌孝も松田宣の代走で周東を起用したこと、及び牧原に偽装スクイズのサインを出した工藤公康監督の采配が試合の分岐点になったと分析している[22]。谷繁元信もソフトバンクの「千賀ー甲斐拓也」のバッテリーの、1回表の坂本勇人の打席での内角攻め、及び3回表の岡本和真の打席でのフルカウントからの意表を突いた内角へのストレートを「相手に意識付けをする攻めの投球」と評価した一方で、巨人の「山口俊ー小林誠司」のバッテリーが、グラシアルに2点本塁打を浴びた後に「もう点を与えられない思いが強すぎて、無難な攻めに終始してしまった」と分析している[30]。江本孟紀は千賀の投球について「1番打者の亀井善行にやられたら、坂本、丸、岡本に続くということをものすごく頭に入れたピッチングができていて、巨人の打線を分断できた」と評価している[31]。野口寿浩も、「7回裏に代走で周東を起用していたことで、内川が楽な気持ちで犠牲バントができた」と分析している[32]。また野口は、7回表の2死二、三塁での代打に重信が起用されたことについて「左の代打が不足していると感じた」とも述べている[32]。, 先発投手は、ソフトバンクが右のアンダースローの高橋礼、巨人が左腕投手のクリストファー・クリソストモ・メルセデスだった。, 試合は5回裏、ソフトバンクの2死まで、両チーム合計で29人目まで走者が全く出ない投手戦で試合が進む[33]。初めての走者は5回裏2死からの松田宣の左前安打であった[33]。ソフトバンクは5回裏2死1、2塁、巨人は6回表1死2塁といずれも得点圏にランナーを進めるも得点には至らず、7回表まではスコアレスで試合が進む。, 先制点は7回裏、ソフトバンクに入る。巨人はこの回メルセデスから2番手投手の大竹寛を起用するが、先頭打者のアルフレド・デスパイネの強烈な三ゴロを、6回表の攻撃で死球を受けた若林晃弘に代わり三塁手として守備から途中出場した山本泰寛がファンブルして失策にしてしまい出塁、ソフトバンクはデスパイネに代走・周東を起用する。大竹は打者グラシアルに1球も投げないうちに、一塁へ3度牽制球を入れるほど周東の足を警戒、結果制球が乱れ、カウントが3ボール1ストライクとなったところで周東がスタートを切りランエンドヒット、グラシアルの打球が左前にはずむ間に周東は三塁を陥れ無死一、三塁でソフトバンクが得点のチャンスをつくる[34][35]。ここで松田宣が大竹の甘く入ったシュートを仕留めてバックスクリーンに放ち、3点本塁打となった[36][37]。8回裏も柳田悠岐の左翼テラス席へのソロ本塁打[38]、福田秀平の右翼席への2点本塁打[39]で加点して6対0とした。巨人は9回表、ソフトバンクの3番手投手の高橋純平の制球難に乗じて3つの四球を絡めて3点を返したが、及ばなかった[36]。, 最終的にはソフトバンクが6対3で勝利し2勝0敗とした[36]。巨人は守備のミスが失点に響き、本拠地東京ドームでの胴上げはなくなった。, 7回裏に決勝の3点本塁打を放った松田宣は「メルセデスはパ・リーグにはあまりいない『ゴロアウト型の投手』であったので難しかったが、投手が交代したチャンスをものにできた。最高の舞台で最高の場面で、最高の当たりができました」と述べている[36]。メルセデスは6回を76球、被安打1、無失点でまとめたものの、足が張ったために降板になったとのことだが、結果的にはメルセデスの降板が試合の流れを変えることになってしまった[36][40]。, 7回裏の松田宣の本塁打の場面について槙原寛己及び野口は、「代走の周東がいることで、(巨人の2番手投手の)大竹にいつものリズムで投げさせなかった。その結果、大竹の決め球であるシュートの曲がりがわずかに早くなって本塁打になった」と分析している[41][42]。, 高橋礼の投球について、朝日新聞は「沈んで落ちるシンカーに巨人打線がタイミングを外された」[36]、槙原は「高橋礼のストレートは球速表示以上に威力がある。捕手の甲斐は内角に加えて高めの直球を意識させていた。それに対して巨人の左打者は工夫をせずにただ引っ張る打撃に終始してしまった」[43]、谷繁は「アンダースローだが140km程度の速球があることで、巨人打線が内角の球に詰まらされる場面が目立った」[44]とそれぞれ分析している。, 大島康徳は7回裏の山本の失策がきっかけで試合の流れをソフトバンクに明け渡したと述べた上で「(山本の失策は)イージーミスで、巨人の脆さが出た試合になった」と分析[35]。また、この試合でも巨人の救援投手陣の失点が試合のポイントになったが、これについて「先発投手が早い回で降りると救援投手が持ちこたえられない弱点が解消されなかった(結果である)」と述べている[35]。野口も甲斐のリードに着目して、「巨人打線に対して狙い球を絞らせない絶妙なリードができていて、頼みの綱である上位打線を分断できている」と評価している[45]。若松勉は、坂本の打撃内容に着目して「第1戦、第2戦を通して、狙い球を絞れていないように見える」と分析している(この試合で坂本は3打数0安打であった。)[46]。, 先発投手は巨人が左腕投手(大卒1年目)の高橋優貴、ソフトバンクが右腕投手のリック・バンデンハークであった。この試合からセ・リーグ球団の本拠地開催になるために指名打者がない試合になることから、ソフトバンクのデスパイネの起用法が注目されていたがデスパイネは4番・左翼手でスタメン出場した[47][48]。, 先制点は巨人。1回裏、先頭打者の亀井がバンデンハークの154kmの内角高めのストレートを振り抜いて右中間スタンドの上段にソロ本塁打を放つ[47][49][50]。しかし2回表、ソフトバンクはグラシアルが高橋のスライダーをとらえてバックスクリーンにソロ本塁打を放ち、同点とする[51]。3回表、ソフトバンクは2死一、二塁からデスパイネが中前に適時打を放ち1点を勝ち越す[47][52]が、3回裏、巨人は1死から亀井が2打席連続本塁打になる右翼ポール際のバルコニー席への特大のソロ本塁打を放ち2対2の同点とする[47][50]。, 4回表のソフトバンクの攻撃で、試合が大きく動いた。巨人は3番手投手として高卒1年目の戸郷翔征が投入したが、この回2人目の打者である内川が外角低めのカットボールを左手一本で技ありの左前安打を放つ[53][54][55]。これで戸郷は精神的にリズムを乱してしまい、次打者の甲斐に死球を与えて1死一、二塁、さらにその次打者であるバンデンハークは投前に送りバントをするが、戸郷は三塁に悪送球をしてしまって失策になり1死満塁の場面をつくってしまう[47][53][54][55]。この場面で巨人は戸郷の続投を選択するが、代打で登場した長谷川勇に勝ち越しになる中堅への犠牲フライを許して[48][54][55]、柳田に押し出しを与える[47][54][55]。なおも2死満塁の場面でデスパイネに左翼に2点適時打を浴びて、この回ソフトバンクが4点を挙げて6対2となり試合の流れが決した[47][53][54][55][48][52]。, その後は、両チーム共に得点が入らないまま試合終盤を迎えた。9回裏、巨人は先頭打者の阿部が右前安打で出塁すると増田大輝を代走に起用する。ソフトバンクの5番手投手の森の暴投での進塁時に三塁を狙って憤死してしまい[56][57]、その後も巨人は得点を挙げられずに試合終了。, 最終的にはソフトバンクが6対2で勝利し、3勝0敗として日本一に王手をかけた[47]。敗れた巨人は3番手戸郷の乱調が誤算で、打線も坂本勇が11打数1安打、丸が9打数0安打と封じられた状況で第3戦を終えることになってしまった(第3戦は坂本勇、丸はいずれも無安打に終わった。)[58][59]。, デスパイネのスタメン起用について、監督の工藤はデスパイネは交流戦でも左翼手としての守備の経験(5試合)があるので、問題ないと思っていた」[48]、ヘッドコーチの森浩之は「デスパイネを先発で使うということは、『先に点を取る』ということ」[47]とそれぞれ述べている。この試合でデスパイネは3打数2安打3打点の活躍、2安打はいずれも適時打であった[47][48][52]。, 4回表にソフトバンクが一気に4点を挙げた場面について、スポーツニッポンは4回表の内川の左前安打が試合の流れをソフトバンクに呼び込んだと指摘した[53]。朝日新聞は、4回表に戸郷がバント処理の失敗で1死満塁の場面になった際でも巨人ベンチが続投の判断をしたことに対して、毎日新聞は、4回表の同点の場面で戸郷を登板させたこと自体に対して、それぞれ「巨人の救援投手陣の層の手薄さを物語っている」と分析している[47][54]。野口は、戸郷の起用について「追い詰められたチームの継投策であり、巨人の救援投手陣の苦しい事情が示されている」と指摘[60]。真中満は、「戸郷は、内川に難しい球を安打にされて、リズムが狂ってしまい、バント処理の失敗で傷口を広げてしまった」と分析[55]。西本聖は、戸郷がバンデンハークのバント処理の失敗した場面に着目して「完全に自分を見失ってしまった。経験の浅い投手の心理状態を考えれば、巨人ベンチはここで投手交代を決断すべきであった」と分析している[61]。東尾修は、戸郷が柳田に押し出しの四球を与えた場面に着目して、「戸郷にはこの場面で投げ切れる力はまだない。(捕手の大城の)内角への要求はあまりに酷な配球になった」と述べている[62]。また、デスパイネの戸郷からの2点適時打を「ミートに徹したコンパクトな打撃で試合の流れをほぼ決めた」と評価している[63]。, 9回表の増田の走塁ミスについては、野口は「最終回で4点負けているのだから、ランナーをためなくてはいけない場面であり、焦りばかりが出た走塁ミスになった」[60]、真中は「絶対にアウトになってはいけない場面。ボーンヘッドに近い」[57]とそれぞれ指摘している。, 第3戦を含めて、坂本勇と丸がほぼ完全に封じられた試合が続いていることについて、スポーツライターの鷲田康が「ソフトバンクのバッテリーが内角への残像を植え付ける配球ができている」と分析している[64]。野口は、「同じ球種やコースを続けて要求できる甲斐のリードは『勇気のある配球』である。特に坂本勇に内角を続ける配球は、タイミングを狂わせることに成功している」と評価している[65]。東尾は、「『バンデンハークー甲斐』のバッテリーが、緩いカーブをうまく使う配球で封じ込めている」と評価している[66]。, また、浜名千広も「石川柊太を5回に投入して2イニングをパーフェクトの内容で投げたことが大きかった」ことを評価している[67]。, 先発投手は、巨人が菅野智之、ソフトバンクがベテランの左腕投手の和田毅。菅野は本来はエース級と位置付けられる右腕投手であるが、このときは腰痛に苦しみ、直近の試合である阪神タイガースとのクライマックスシリーズでは登板なしに終わっていた。菅野は第4戦に登板するにあたって、「投げたら動けないくらいの覚悟で投げたいです」などと意気込みを述べていた[68]。, 試合は、3回終了まではスコアレスの展開で進む。菅野はこの時点では1安打無失点に抑える危なげない投球であった[69][70]。, 先制点は4回表、ソフトバンクだった。1死一、三塁からグラシアルがフルカウントからの外角のスライダーをバックスクリーン左に3点本塁打を放つ[71][72]。対する巨人は、6回裏の2死一塁から、4番の岡本がソフトバンクの2番手投手であるロベルト・スアレスから、157kmのストレートをフルスイングして右翼席に2点本塁打を放って1点差に詰める[73]。, 試合が大きく動いたのは7回表だった。1死から福田の三ゴロを岡本が弾いて失策になり、次打者の松田宣が遊撃への内野安打で1死一、二塁の場面になる[74]。ソフトバンクは長谷川勇を代打で起用、打球は二塁手へのゴロになる。しかしここで、二塁手として途中出場していた山本が併殺プレーを焦ってしまい悪送球になりソフトバンクが1点を追加、4対2となる[69][74]。その後、次打者の甲斐野の送りバントが内野安打になり、1死満塁になって菅野は降板した(菅野は結局、6回3分の1、自責点3で降板)。その後、2番手投手として登板した中川皓太が、代打の内川を二ゴロ併殺に打ち取り最小失点に抑えた[69][11]。, 7回裏の巨人の攻撃、2死一、二塁からここまで15打席無安打だった丸がリバン・モイネロから日本シリーズ初安打になる適時二塁打を左越えに放って、再び1点差に迫る[11][75]。, その後は両チーム共に得点が入らず、最終的にはソフトバンクが4対3で逃げ切って勝利、ソフトバンクが4勝0敗で日本一に輝いた[11]。, なお、今季限りでの引退を表明していた阿部が6回裏に代打で出場するも、第1打席は死球、第2打席(これが現役最終打席になった。)は二ゴロであった[76][77]。, 中畑清は「(ソフトバンクは)自分自身のミスを絶対に許さない姿勢がチーム全体での意識として徹底されているから、的確な状況判断ができて相手のミスにつけ込めて、誰が出場してもプレーの質を落とさない『全員野球』ができる」と評価した一方で、「巨人はソフトバンクのチームとしての『圧力』に押され続けて四死球や守備のミスを繰り返してしまった」「(その象徴的なプレーが)第4戦の7回表の『最悪な失点』につながった岡本、山本の守備のミスであり、力投した菅野の足を引っ張った」と分析している[78][79]。また中畑は、「『真のチームリーダー』である松田宣の存在」もソフトバンクの「レベルの高いチームづくり」に大きなプラスの影響をもたらしているとも述べている[78]。, 西村龍次は9回裏のソフトバンクの中村晃の一塁守備(9回裏から一塁手の守備固めで途中出場していた)を「一つ一つは目立たなくても、やるべきことをきちんとやりきる姿が球際の強さにつながっている」と評価した上で、「ソフトバンクはレギュラー陣が調子を落としたとき、瞬時に定位置を奪ってしまいそうな選手が常に控えている一方で、巨人は坂本勇や丸といった看板選手への依存度が強いので彼らが調子を落としたときに取って代わるだけの選手がいない(ことによる差があった)」と述べている[80]。野口も「ソフトバンクは、各選手がその瞬間に何をすべきかを非常によく分かっている」「ソフトバンクと巨人では、選手層及び経験で大きな差があった。特に坂本勇と丸については、最後にようやく回復しかけて、終わってしまった。ソフトバンクのバッテリーが完璧に対策できていた」と述べている[81]。和田一浩は「ソフトバンクは長谷川勇、内川が代打での出場、中村晃が守備固めの出場であり、武田翔太は出場なしに終わった一方で、巨人はアレックス・ゲレーロ、阿部に対して代走を出せないように、戦力差が歴然としていた」と厳しく述べている[82]。, また、野口は「特に坂本勇と丸については、最後にようやく回復しかけて、終わってしまった。ソフトバンクのバッテリーが完璧に対策できていた」[81]、立浪和義は「ソフトバンクのバッテリーの内角攻めの勇気ある配球に、坂本勇と丸が本来のスイングを崩されてしまった」[83]とそれぞれ述べている。実際、この日本シリーズを通して、坂本勇、丸はいずれも13打数1安打、打率.077に終わり、逆シリーズ男と形容するメディアもあった[84][58][85]。, 日本シリーズはレギュラーシーズンとは異なり、(一社)日本野球機構管轄のため、あらかじめ放送権を指定されている。なお順延の場合でも各戦のテレビ中継もスライドとなる。, ※視聴率は(ビデオリサーチ調べ)、第1戦は8.4%(関東)、25.5%(北部九州)。 第2戦は7.3%(関東)、25.6%(北部九州)。第3戦は9.7%(関東)、24.4%(北部九州)。第4戦は11.8%(関東)、37.4%(北部九州)だった。, なお、第5戦はhulu・ジャイアンツLiveストリーム(DAZNの配信はなし)、第6戦はAbemaTV、第7戦はParaviで配信が予定されていた。, 当日のテレビ中継を行ったTBSテレビが製作委員会のメンバーに入っているためで、本作は2019年, 毎日放送は前年まで第1・2・6・7戦をNRNネット、第3 - 5戦をJRN(非NRN)ネットで中継していた(朝日放送ラジオはその逆のネット関係)。, “ソフトバンク「ヤフオク不敗神話」日本シリーズ14連勝! 伝説の始まり「2011年最終戦」で達成した「11球団完全優勝」から8年”, これぞノーサイド…ソフトBナイン、異例の申し入れ 引退する巨人・阿部を感動のサプライズ胴上げ, 【球界ここだけの話(1778)】巨人一筋8年 現役引退を決断したマシソンと“家族”の存在, 【日本シリーズ速報】巨人、阿部慎之助のソロ本塁打で先制! ソフトバンク千賀滉大の152キロの速球捉える, 【日本シリーズ大分析3】試合決めた代走・周東の足…ソフトB、ここぞで光る厚い選手層, https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/201910200001132.html, 弱点露呈の巨人がパ2位を相手に見せつけられる力の差…セ覇者の意地を見せてほしい[大島康徳評論, ソフトB 3年連続日本一王手!敵地で工藤監督「超攻撃型采配」ズバリ「ぶれずに決断しないと」, 【巨人】亀井の意地!日本シリーズ初の初回先頭打者弾から連発「もう瀬戸際。勝つしかない」, 巨人追い詰められた!パ2位ソフトBに開幕3連敗 亀井2発も空砲 坂本勇3三振、丸いまだノーヒット, 【東尾修 日本シリーズ大分析1】追い詰められた巨人バッテリー…19歳の戸郷には酷な内角要求, 【東尾修 日本シリーズ大分析3】「眠っていた選手」に明暗 試合決めたデスパのコンパクト打法, 【東尾修 日本シリーズ大分析4】シリーズの鉄則守ったバンデン 眠れる坂本、丸、岡本封じ, 【日本シリーズ速報】菅野智之、和田毅が序盤3回まで無失点 巨人は先制の好機で丸佳浩が三振, 勝てば日本一の鷹、グラシアルが先制3ラン 2戦連発、シリーズ3発目「最高の結果に」, 【中畑清 日本シリーズ大分析1】ソフトB、ミス許さぬチームづくりがミスつけこむ強さ生んだ, 【中畑清 日本シリーズ大分析2】巨人はエラー重なり余計な失点 岡本バット振る前に守備練習を, 日本Sは4試合で決着…流れ決めた第1戦、巨人の得点力を“激減”させた鷹の千賀&甲斐, "逆シリーズ男"丸は最後に1本だけ…「全体を通して、なかなかチームに貢献できなかった」, https://www.sanspo.com/baseball/news/20191024/haw19102405020008-n1.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/18/kiji/20191018s00001173227000c.html, https://www.sanspo.com/baseball/news/20191023/npb19102319010011-n1.html, 影山ヒロノブ、日本シリーズでの“国家独唱”に「最高にカッコイイ」「熱い」と反響続々, プロ野球 SMBC日本シリーズ2019「第2戦 ソフトバンク×巨人」 | スポーツ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2019年の日本シリーズ&oldid=80279685, 巨 : ●山口(6回)、マシソン(0回1/3)、田口(0回2/3)、澤村(1回)-小林、炭谷, 巨 : メルセデス(6回)、●大竹(0回0/3)、桜井(1回1/3)、高木(0回2/3)-大城、小林, ソ : ○高橋礼(7回)、モイネロ(1回)、高橋純(0回1/3)、森(0回2/3)-甲斐、高谷, ソ : バンデンハーク(4回)、○石川(2回)、甲斐野(1回)、モイネロ(1回)、森(1回)-甲斐、高谷, 巨 : 高橋(2回2/3)、鍵谷(0回1/3)、●戸郷(0回2/3)、高木(0回1/3)、澤村(2回)、田口(1回)、中川(2回)-大城, ソ : ○和田(5回)、スアレス(0回2/3)、嘉弥真(0回0/3)、甲斐野(1回)、モイネロ(1回1/3)、S森(1回)-甲斐、高谷, 放送時間:18:15 - 21:50(マルチ編成を実施し、101chにて放送)・21:50 - 22:00(マルチ編成を実施し、102chにて放送), 放送時間:18:00 - 21:50(マルチ編成実施せず)・21:50 - 22:00(マルチ編成を実施し、102chにて放送).

あつまれどうぶつの森 芸能人 パスワード 14, Happy Plugs Air1 Airpods 比較 6, ニラ 夜 ご飯 4, 事故を目撃して しまっ た 意味 8, ガーミン 820j 表示項目 おすすめ 8, エレビット 2 錠 6, B75m Plus 起動 しない 8, Vscode 文字色 変更 15, テイルズ オブザ レイズ キャラ 限界突破 20, ブラジリアンワックス ハード セルフ 4, 行政書士 問題集 おすすめ 4, ムン チェウォン 似てる 7, Windows10 文字 表示 設定 7, まぶた 内出血 突然 4, 洗面台 タイル 後悔 16, Rails Devise プロフィール画像 デフォルト 24, ペルソナ5 攻略 コープmax 14, シンプソン バンディット 新型 4, Pubgモバイル キルログ 一覧 24, 感謝 歌 洋楽 4, ニコン F6 不具合 5, Westv 北海道 Jr 6, 初潮 遅い 高校生 18, ラッパー 年収 海外 34, ドラクエ10 はやぶさの剣 天下無双 7, マッチングアプリ 話題 広げ方 4, 黒い砂漠 バフ アイコン 一覧 12, Iiwey ドライブレコーダー 説明書 8, Apeosport Vii C4421 10, シマノ パワーメーター アップデート 失敗 12, 保健所 猫 処分 5,

/** */